top of page

「さっぽろワイン」とは?

「さっぽろワイン」とは?

札幌市で4番目に誕生したワイナリー。
自社ブドウ100%で、品質に拘りました。

 

手に入らない高品質なレアワインを

いつでも買えるワインにしたい。

 

地元の食生活に、地元のワインが溶け込み、

ワインを飲む「文化」を発信していきたいと願っております。

ぶどう畑

札幌市と石狩市に合計4か所、併せて10ha(札幌ドーム約2つ分)ちかくの自社畑があります。
石狩湾から吹き込む海風は垣根に強く風が吹き込み、病気の原因となる湿気の滞留や害虫の発生を少なくするメリットがあり、水はけの良い砂質土壌は、根張り良く良質なぶどうを育てるのに適しています。

ぶどう畑専任のスタッフが中心となり、除草剤も使用せずに“量より質”を重視した、手間を惜しまない高品質な原料を作っています。

_S0A9977.jpg

​八幡農場(石狩市)

ぶどう品種

ピノ・ノワール、シャルドネ、ソービニオンブラン、ピノ・グリ、といった欧州系品種を中心に、ヤマ・ソービニオン、アルモノワール、コリーヌヴェルドといった品種、接ぎ木用の台木品種なども育てています。

もちろん、北海道では定番でもあるケルナー、ミュラートゥルガウ、リースリングといった東欧品種もあり、自社畑100%を活かした多種多様の品種を育てております。​砂質土壌の影響もあり、繊細なぶどうの味わいが特徴です。

_S0A9832.jpg

醸造所

さっぽろワインの醸造所は札幌市内の手稲区新発寒にあります。西区と手稲区の境目の追分通沿いの住宅街の中にある「街中ワイナリー」です。

ぶどう農場からも30分以内にアクセスでき、迅速な仕込が出来る立地です。

醸造所には直売の出来るショップも併設。地域の方々をはじめとしてワインの試飲や販売ができます。決して広い醸造所ではないので、醸造設備などの見学はできませんが、地元のぶどうからできたワインの味わいを地元の方々から味わって頂きたいです。また、地域で活躍する飲食店さんや地元の食を発信する生産者さんとの繋がりを大切にワインの文化を広げていきたいと考えています。

IMG_4302_edited.jpg

TEAM

_S0A9947.jpg

創業者  三浦 裕一

近年、北海道では急速にワイナリーの集積が進み、国内で2番目にぶどう酒の地理的表示「北海道」が指定されるなど、国内でも有数のワイン産地となるなど機運が高まっていることに目を付け、2016年にぶどうの苗を育て始め、ワイナリーへの夢を抱いた。

2020年に醸造免許を取得、さっぽろワインを開業。

​スッキリとした白ワインが大好きな、札幌市手稲区出身。

ワインの品質を左右する”ぶどうの作り手”

​醸造課長(醸造責任者)

札幌市中央区の歴史あるワイナリーで5年間ぶどう栽培とワイン醸造に携わる。

経験を積む中で、北海道主催の研修事業「北海道ワインアカデミー」参加中、 

偶然、あいうえお順で隣の席に座っていた、

創業の三浦と 知り合った事がきっかけで入社。

醸造責任者として、地産のぶどうの味を大切に守りながら、

品質の高いワイン醸造を目指す。いわゆる”ワインのつくり手”  

​札幌市厚別区出身。

「地域に愛されるワインを目標に良いつくりを目指します。」

南 康太

bottom of page